搾油についての豆知識

搾油の基礎

  1. その年に収穫した植物種は、次の彼岸までには搾油してください。
    (油量に大きく差が出ます。)
  2. 出来るだけ、必要な時、必要量だけ、低温で搾るのが高品質です。
  3. 種は毎年天候の条件で同品種でも、かなりの差があります。
    お問い合わせいただければ必要な情報をメール又はファックスでお知らせします。

変り種原料の搾油

ちょっと変わった種子(でないものも)の搾油にTRY!

綿の搾油

直圧型搾油機で綿を搾っています。

おぉ〜っと、油が出てきました。
搾れるものなんですね。

アメリカ綿と和綿とを搾っています。

今回の搾油結果では、アメリカ綿の方が搾油量が多い様です。(和綿の約2倍)

卵油の搾油

直圧型搾油機で卵油を搾っています。

卵の匂いは、強烈でしたが結果は、上々!
卵油は、首尾良く搾ることが出来ました。