企業理念

潟Tン精機は顧客様にとって、常に必要な存在でありたい!

弊社は“ものづくり集団”ではありますが「必要な存在であるためには?」を行動指針とし
お客様の満足を先取りできるよう絶え間ない努力を続けています。

ご挨拶

弊社は昭和48年から工作機械部品の製造工場として発足し、各種金型の設計製作・半導体関係の治具設計製作を中心とした機械加工業を営んでおります。

また医療器・食品関係の部品加工にも着手し「ものづくり」を大きな枠組みで捉えお客様の様々な要望に応える事ができる企業です。


また近年ではこれまで培った機械加工技術を駆使し自社製品「搾油機」の製造・販売にも着手し、一方では食用油脂の製造・販売等も手がけております。

一見、「方向性に一貫性がない」企業ではありますがすべては機械加工業からの水平展開であり大きな視野で「ものづくり」を捉え進化・成長した結果です。


弊社の持っている技術・ノウハウを駆使し、時代の流れと共に進化・成長し企業理念に基づいた「顧客様にとって常に必要な存在」になるため日々努力を続けています。



近代日本の扉を開いた萩市で吉田松陰ら維新の志士たちの熱い想いを受け継ぎ、ここから次代へ新たな一歩を踏み出す。それが 株式会社 サン精機です。


   

楠牟禮 勲